2017年09月21日

Cの妄想/迷宮書房/怪物的趣味(有栖川有栖)

Cの妄想
有栖川有栖
角川文庫『壁抜け男の謎』収録
初出「讀賣新聞」2003年10月28日



カウンセラーの元に「自分は小説の登場人物なのではないか」という妄想を持った患者が訪れる話。
類型的な話を星新一っぽく新聞一ページにまとめている。
こういうネタを読むと「王様は裸だ」と指摘されてるような気分になる。
まあそうでしょうけど……。so what?

迷宮書房
有栖川有栖
角川文庫『壁抜け男の謎』収録
初出「しゅっぱんフォーラム」2006年7月、8月号

注文の多い料理店をメタった話。”他の作家の作品がどれもこれも見事にいい話だったので、「この流れを俺が断ち切ろうと思わずにいられなかった。”というあとがきの一文に尽きる。有栖川有栖はいい作家だなと思う。



怪物的趣味
有栖川有栖
角川文庫『壁抜け男の謎』収録
初出「アート偏愛 異形コレクション」2005年12月

AがBだろうと思っていたら実はAだった、というタイプの話。
某大物youtuberの「おいしいけど、おいしい」みたいなものである。Bを期待するであろう受け手に対して躊躇なくAを繰り出すことによって「Bじゃないんかい」「そのまんまやんけ」と笑いどころが生まれるわけである。そういう森永パルムっぽいおもしろさはある。

ラベル:有栖川有栖
posted by 雉やす at 20:33| Comment(0) | 書評(ミステリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもしろ人狼動画メモ/18A猫初心者村/マスコット7人村

【霊界有り】ダンガンロンパ18A猫初心者村 No.215592【2、3日目】

 ダンガンロンパ村の実卓リプレイ。初日呪殺からの占い3騙り。終盤のどんでん返しが楽しい。

【ゆっくり人狼】マ ス コ ッ ト 7 人 村【7人村/前編】

 ペニキの新作。「暴言を吐いたプレイヤーはゲーム終了後殺す」といういかにも無理そうなルール付き。キャラ選びもそうだけど、毎回展開に一工夫あるのがよいね。後半が楽しみ。

ラベル:人狼
posted by 雉やす at 01:17| Comment(0) | ニコ動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Follow a Blue Magic Cat !」についてちょっと解説


「Follow a Blue Magic Cat !」(http://ncode.syosetu.com/n7384dt/
という小説をなろうでタラタラ連載している。
元々「魔法使いの使いっぱしりで」(http://ncode.syosetu.com/n0070dg/)という小説の息抜きスピンオフというか、80000万字くらいで終わらせるつもりの軽いノリで書き始めたのだが、これがさっぱり終わらない。何故終わらないかというと主人公の(ほぼ)三人称一人視点だから。これを群像劇で伏線張りながら書いたら会話半分になったし、出すキャラクターも減らせた。五日間の話を馬鹿正直にまっすぐ五日間書いたらそりゃあすぐには終わらないっての。――と思いつつ今更軌道をぶらしたくないからまっすぐ書くけど。
 まっすぐ書くと全部のイベントに主人公を通さないといけないからこれがまたなぁって思う。
 村上春樹みたいに二周目書こうかなーとか一週目まだ書いてないのに思ってるやつ。

 数話読んでもらったら分かると思うけどある程度「海辺のカフカ」メタってる部分はある。
 「海辺のカフカ」では「人の体を勝手に使ったやつ」が「断固たる決意によって殺される」けれど、「Follow a Blue Magic Cat !」ではどいつもこいつも主人公の体を勝手に使おうとする。主人公の関係性も都合のいいように狂わせてくる。主人公はそいつらに対して「断固たる決意」を持ってない。割と最初から覚悟決まってるカフカくんとはタフさに差がある。いいように使われっぱなしだ。
 そんな主人公が果たして「世界で一番タフな15歳の少年」になれるのか。なれないとしたらなれないなりに別の解答があるのか。――という辺りがいちおうの縦線になっている。
 
 言い訳がましい解説を書いてるのは、構成ミスってて小説の外で補足するしかないから。出来が悪くても可愛い我が子なんです。あと、最新の数話の展開がたぶん誰もついてこれてないなーって感じだから。これは伏線ミスってるだけで必然性はあるんですと読み返すであろう未来の自分への言い訳も込めて。

 めんどくさいね小説書くのって。ほんとめんどくさい。
 あ、そうそう。べつに青猫は読まなくてもいいけど、海辺のカフカは読みましょうね。傑作ですよ。




posted by 雉やす at 00:47| Comment(0) | 自作小説裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村