2017年10月11日

恋人(有栖川有栖)

恋人
有栖川有栖
角川文庫『壁抜け男の謎』収録
初出「エロティシズム12幻想」2002年3月


十八年前の避暑地。十歳の少女との美しい思い出を今も私は口腔でもてあそぶ――

はい。ロリコン乙です。
とは言いつつも味わい深い描写がけっこうある。
”所詮、男好きのする美女などというものは、財布の中身と相談して買えるか買えないかという商品の如く意味の分かりきった存在ではないか”
”頭を壁に当てたところで退路を断たれた由美絵は、ひきつけを起こしたように間歇的に喘いだ。それが耳元で聞くと幻滅しそうな声だったためか、友人たちの痴態を窃視することに興奮しながらも私はどこか醒めていた。”
――など。なんかこう、ガチのロリコンっぽさが出ててよいなと思う。

さて、これでようやく「壁抜け男の謎」収録の作品をレビューし終わったわけだけど。
白眉を選ぶなら「キンダイチ先生の推理(http://www.kijiyasu.com/article/451037920.html)」かなと思う。日常の謎を援用して殺人事件を解く構成が好み。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ラベル:有栖川有栖
posted by 雉やす at 03:07| Comment(0) | 書評(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

新宿歌舞伎町交番/久保博司

新宿歌舞伎町交番
久保博司
講談社文庫(2006)



”ビール1本10万円のボッタクリバーのカモにされる客、援助交際する女子中高生、塒と食事を求めて集まる浮浪者、ゲーム店を根城にする覚せい剤の売人、増殖する中国マフィア。欲望あふれる街・新宿歌舞伎町にうごめく人々とそこで起きるさまざまな事件を、交番勤務の警察官の姿を通じて描く、迫真のレポート。”

 2003年に単行本で出された本の文庫化。
 人が「歌舞伎町」と聞いてイメージするあれこれが網羅的に書かれている、読みやすいノンフィクション・ノベル。
 毎晩入れ代わり立ち代わりでぼったくられては文句を言う観光客や出張サラリーマンの相手をしたり、元気なヤクザが交番の前に車停めて喧嘩売ってきたりと、苦労がしのばれる。ヘルス嬢が人生相談に来たり、寒いから仮病を使って入院しようとする浮浪者に騙されかけたりもする。
 一番おもしろいのは「第六話 歌舞伎町の浄化作戦」。違法な看板を工夫を凝らして撤去していくうちに街の人々の信頼を得ていくという話で、他の話と比べて希望が持てる内容になっている。
 本も終わりの方になると「中国マフィア」の存在が目立ってくる。もっとも、文庫版のあとがきによると2006年の時点では中国系は衰退し、山口組系に勢いがあるそうだ。
 最近出た本と比べて読むと、勢力の入れ替わりの流れが掴めておもしろいかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
posted by 雉やす at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

遺伝子捜査/ポール・モーンズ

遺伝子捜査
ポール・モーンズ
中村三千恵(訳)
二見書房(1996)



"一九八七年十二月、バージニア州アーリントンで残虐なレイプ殺人事件が起きた。死体は全裸のうえ、手を後ろ手に縛られ、首にはロープが巻きつけられていた。強盗殺人課刑事、ジョー・ホーガスはこの事件を捜査するうち、数年前に類似の殺人事件があったのを知る。また同じ頃、マスクをした黒人レイプ犯が頻繁に出没していたことも知る。そんな折、アーリントンから遠く離れたリッチモンドで同じような手口の連続レイプ殺人が起きる。はたして、同一犯のしわざか。やがてある黒人男性が容疑者として浮かびあがるが、決め手には欠けていた。米国では殺人事件にDNA鑑定が用いられたことはなかったが、ジョー・ホーガス刑事はDNA鑑定に犯人逮捕の最後の望みを託す…。全米裁判史上初めてDNA鑑定が犯人を死刑台に送った連続レイプ殺人事件の真相。"

 ノンフィクションノベル。FBIがプロファイリングを外したり、軽度の知的障害者を誤認逮捕して無理やり自供させて刑務所にぶち込んだりと、警察の残念っぷりがけっこう凄まじい。DNA鑑定の素晴らしさと同時に、それ以外の決定的な証拠を警察がまったくあげられなかったという事実を晒しあげている本でもある。容疑者を尾行中の刑事が容疑者の連れの万引きを現行犯逮捕したせいで容疑者に警戒されてしまうくだりなんか、まるで踊る大捜査線の「事件に大きいも小さいもない」の場面そっくりだ。
 DNA鑑定の科学的な側面の解説はほぼないし、犯人の動機、とりわけ手を後ろ手に縛った上でじわじわ絞殺する殺し方をする理由についても究明できていない。読んでて手応えがなさすぎるので、これでもしDNA鑑定が間違ってたらどうするのといくらか不安に思ってしまう。足利事件の例もあるし。
 フィクションなら落第点なんだけど、ノンフィクションなんだよなぁ。事実って怖えなぁ。

posted by 雉やす at 00:21| Comment(0) | 書評(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村