2013年03月25日

ドラゴンエイジ2

ドラゴンエイジ2
2012



 洋ゲーのRPG。男剣士主人公で一周クリアした。
 カークウォールという都市を舞台にしたクロニクル・ストーリーなので、前作のような世界を駆け回るスケールの大きさはないが、その分キャラクター同士の関係萌えができる。
 前作と違って全編吹き替え付きなのが大きい。主役は男が浪川大輔で女が沢城みゆき。二周目はみゆきちで男を落とすのもよさそう。ちなみに男主人公でも攻略できる男もいる。前作のゼブランもちょっぴり出てきてわざわざイザベラちゃん(増田ゆき)を寝とっていく。うーん、この畜生。
 戦闘は1に若干あったもっさり感がすっきりなくなってて、AIもかなり賢いのでストレスがない。敵は結構強く、魔法耐性が甘いと終盤でもあっさり死ぬことがある。ハイドラゴンは結局倒せなかった。予備知識なしでステータス振っていくと厳しいので、2周目用だろうか。ラスボスは弱いのでクリアできないということはないだろう。
 前作の世界観が気に入ってる人は買ってもいい出来だと思う。前作やってない人には説明不足かなと思うところもあるので、いきなりこれから買うのはやめたほうがいいだろう。
 じゃけん前作も合わせて買いましょうねー(アフィブログー



posted by 雉やす at 23:20| Comment(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

三國無双7



 ストーリーモードをifルート含めてクリア。将星モードも仲間は全員集めたぐらい。
 前作の6の長所だったストーリーモードのよさは今作でも健在。新キャラでは魏の李典と楽進、呉の魯粛がストーリーに多く絡んできて、合肥や赤壁の楽しさが増している。蜀は……まあ。関銀屏(みかしー)が可愛いのは間違いない。樊城後の大徳激怒は毎度のお約束ながらよい出来。
 晋も賈充のおかげでストーリーが引き締まってた。司馬懿の声も今作が聞きおさめかと思うと悲しい……。
 ステージごとに2、3のキャラクターを選択できるのとフリーモードの追加により、自由度が増した。6で出ていた不満はほぼ解消されたんじゃないだろうか。
 ところどころ処理が重いのが気になる。特にイベントムービーの読み込みに数秒のタイムラグが発生することが多い。猛将伝で直っててくれるとよいのだけど。
 将星モードは慣れてくるとすぐにつまらなくなるが、レベル上げや武器集めには便利。
 今作は、いかにストーリーにのめり込むかというゲームだと思う。原作をあまり知らない人でも十分に楽しめる出来。6を買って楽しめたという人は今作も買って正解だろう。


posted by 雉やす at 01:23| Comment(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村