2017年06月29日

おもしろMTG動画メモ/鳩/統率者戦/アメーボイド

【MOモダン】戦場をハトまみれにする青単


「鳩ちらし」ととあるカードを使ったおもしろ無限コンボを紹介している動画。展開が派手で見ていて楽しい。


のんびりMTG部! 第21話


 もっと評価されるべきな「のんびりMTG部!」、キャラが可愛く対戦もおもしろい。最新話は統率者戦。

MOモダン紀行 ― アメーボイドだにゃん


 「多相の戦士(Shapeshifter)」とマイナー部族の強力ロードを組み合わせたデッキ。アメーボイドってこんなに強かったのかってなる。
ラベル:MTG
posted by 雉やす at 00:05| Comment(0) | ニコ動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

猛虎館の惨劇/有栖川有栖

猛虎館の惨劇
有栖川有栖
角川文庫『壁抜け男の謎』収録
初出「新本格猛虎会の冒険」2003年3月



 外壁はトラジマ、屋上にはコンクリート製のトラ。空から見ると「HT」の文字になる猛虎館で、家主であり、大の阪神ファンである建築家の綿鍋大河が首無し死体で発見された。
 聞き込みをするうちに、東隣の怪しいジャイアンツファン川上の名前が上がる。さらに、「誰かが門の中でトラッキーのお面を被って後ろ向きに歩いていた」という奇妙な証言も現れる。
 川上のアリバイは固く捜査が難航する中、綿鍋が「来年のシーズン開幕前には、もっとすごいことになっているはずだよ」と言い残していたと聞いた刑事は、ある推理を思いつく。
 この館からは、きっと〇〇がなくなっているに違いない――。

 まあ笑い話なんだけど、オチの下りがめっちゃ笑えるのでぜひ読むべき。
 捜査している阪神ファンの刑事に球団の蘊蓄を語らせ、聞き込み中のライターに虎についての蘊蓄を語らせる中で、あんまり関係なさそうだった部分をちょろっと真相に援用してるのがいい感じだなと思った。

 初出の「新本格猛虎会の冒険」なる奇書は、2003年の開幕に合わせて創元社から発売されたらしい。



 北村薫と小森健太郎も参加してるそうな。
 一冊買って全作レビューでもしてみようかな。
ラベル:有栖川有栖
posted by 雉やす at 13:26| Comment(0) | 書評(ミステリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

鬼退治なう


FGOの「復刻:天魔御伽草子鬼ヶ島ライト版」でぼちぼち鬼を殴っている。
3月の信長イベントから初めて、だらだらと無課金で。
メインシナリオはなんとかクリアした。二割は最初の十連で来てくれたヘラクレスの力で、残りの八割はフレンドのクーフーリン・オルタの力。イベントが捗るかどうかもフレンドのオルタが特攻礼装着けてくれてるかどうかに寄るやつ。
とりあえず金時の宝具レベルをMAXにして、霊基素材も集めた。あとは適当にサンゴ集めて素材を狙うだけ。

メインストーリーのシナリオもこの間のCCCのイベントシナリオもよかったんだけど、如何せん長いし敵も強いから、ヘラクレスの他にもう一枚、サクサククリアするためのオールラウンダーが欲しい。自前でクーフーリン・オルタ引くのが一番簡単なんだけどね。もしくはクイック性能の高い星5鯖。フレンドのジャックザリッパーの強さもなかなかで、敵ボスがバーサーカーのときにはよく使わせてもらっている。

課金したくないけどなぁ。steamのセールと見比べると、先にニーア買ったりダークソウル買ったりが優先だもんね。
石が貯まったら期間限定鯖狙うより、恒常ガチャ回し続ける方がよさそうか。クーフーリンもでるし、バーサーカーの宝具レベルも上がるかもしれない。そういう作戦でいこう。

あと今回のイベントシナリオの感想は、まあ。女体化で押し切りましたね……。

posted by 雉やす at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村