2019年04月22日

MTGアリーナA「厄介な野生の律動」

先日の飛行でちまちま殴る「悲哀まみれのドビンデッキ」には致命的な弱点がある。
相手に天使かドラゴンが出てきたらまず勝てないということだ。
だったらどうするか。――こちらも使えばいいのだ、天使かドラゴンを。

というわけでまずはドラゴンを使ってみることに。
グルール(赤緑)に鞍替えしてデッキを組んでみた。
特になんの工夫もない「マナ加速してデカブツを叩きつける」デッキ。
とっても強い「野生の律動」を3枚積んで「ラノワールのエルフ」などのマナクリで場を持たせ、
「厄介なドラゴン」や「ドラゴンの女王、ラスリス」に繋げるのだ。


Rhythm of the Wild / 野生の律動 (1)(赤)(緑)
エンチャント
あなたがコントロールしているクリーチャー呪文は打ち消されない。
あなたがコントロールしていてトークンでないクリーチャーは暴動を持つ。(それらは+1/+1カウンター1個か速攻のうち、あなたが選んだ1つを持った状態で戦場に出る。)

「厄介なドラゴン」が速攻を持つと、相手の選択によっては一気に10点のダメージソースになる。
一枚だけ入っている「原初の飢え、ガルタ」をうまいこと出せたときにはまさに圧巻。マナクリだらけの平和な戦線がパワー12の速攻トランプルによって食い破られる様には、相手の「これマジ?」が画面越しに聞こえてきて気分が良い。

弱点はマナスクリュー。序盤に丁寧にマナクリを潰されると手札にデカブツが溜まって辛くなる。
そしてマナフラッドにも弱い。マナをドローに変換できるカードがほぼないのでデカブツを数枚捌かれるともう辛い。
いちおうドライアドを3枚積んで後半の土地引きには備えているのだが、それでもなおリソースが足りない。律動でごまかしているだけでろくにシナジーがないからね。しょうがないね。

低い完成度のせいかシルバーランクに上がってからめっきり勝てなくなってしまった。

また別の色と方向性を試してみることにしよう。

あーあ、今日ダンバインの甘でキリン柄外れなければ課金したんだけどなぁ……。

ラベル:MTG
posted by 雉やす at 23:08| Comment(0) | ゲームプレイレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

MTGアリーナ@「悲哀まみれのドビン」


なんとなく気が向いてMTGアリーナをインストールした。
5ドルだけ課金してパックを剥いたらドビンが当たった。やったぜ神話レア。
当たってしまったものはしょうがないので青白でデッキを作った。
のだが、ドビン弱いっすね……。奥義が遠いしそもそも奥義しても1回すごくドローできるだけって。
3マナニッサと似たような感じで、植物トークンの代わりに毎ターン飛行機械出すような使い道だろうか。複数体で攻撃を通すことができれば忠誠値は一気に上がるんだけど……。

しょうがないからかなり白よりのウィニーデッキで戦っている。
青要素はあんまり役に立っていないが、飛行機械を出せる3マナクリーチャーだけは戦線の構築に必要かなと思う。勝てるときはだいたい飛行で押し切って勝つ。教導持ちにペガサスで飛行付けてやっつける感じ。
たくさんパック剥いて「順風」引いて順風飛行デッキにできたら、たぶんその時やっとドビンが輝くような気がする。
道のりは遠いな……。

MOより金かからないのは間違いないのでこっちを主戦場にしていくか……。
半年前にどっち始めるか迷ったときに選択肢を間違ったんだよなぁ。

MOはモダン専用にして安価デッキ作るくらいにするか。

ラベル:MTG
posted by 雉やす at 23:32| Comment(0) | ゲームプレイレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

アサシンクリードWブラックフラッグのシークエンス6に出てくるやたら足が速い隊長について

昨日は休みだったので一日海賊になってた。

アサシンクリード4ブラックフラッグ


まあおもしろいんだけど、カリブの海賊の話だから海賊船に乗って海戦する必要があって、これがけっこう難しい。
ある程度慣れてきて船の強化が追いついたらごり押しでなんとかなる。しかし序盤は本当につらかった。T字砲撃の位置取りで東郷平八郎気取ってたらそのまま敵船が突っ込んできて、衝角アタックで船の横っ腹にゴリっとダメージを受けてしまう。撃ち合いではなく「体当たりしてくる相手をどう躱すか」。これが帆船の時代の戦い方なのだ……。サイズがおっきい船を倒すのは大変なのだ……。

でもおっきい船を倒さないと船の強化に必要な金属や木材は手に入らない。
そこで有効なのが「嵐待ち」と「ハイエナ」である。
「嵐待ち」→適当にマップの下の方で航海していたらすぐに嵐がやってくるので、ひたすらおっきな船に粘着してその船が竜巻や暴風で削れるのを待つ。十分に削れたところで乗り込む。
「ハイエナ」→大航海時代のゲームなのでイギリスとスペインが覇権を争ってそこらじゅうでドンパチやっている。それに便乗して傷んだ方の船を一緒に殴って乗り込む。
卑怯ではないんです。海賊ってのはそういうものなんです。

シークエンス8の途中までやった。ストーリーもだんだん盛り上がってきた。
しかしそんなことよりも発信しておきたいことがある。

シークエンス6でむちゃくちゃ速く逃げていく隊長のことである。

あいつの足は本当に速い。ウサイン・ボルト並みに速い。まったく追いつけなくてここで詰んだかと思った。
いろんな攻略サイト見ても「頑張って追いかけろ」以上のことは書いてなくて詰んだかと思った。

――結論としては頑張って追いかけるしかないんだけど。
基本的にギミックの用意されているルートで正しい。
しかしワニのいるジャンプアクションの後、閉められる扉を横から駆け上がって、ちょっと出っ張った木から大ジャンプしてテーブルっぽいところに着地するところあるじゃないですか。
あそこで時短できます。あそこでテーブルに着地せずにその左側に落ちたら着地モーションがもたつかなくなって、荷車の手前で追いついて殺せるようになります。



↑この動画が正規ルートです。が、無理です。荷車の向こうまで行かれたら大体詰みます。
頑張って追いかけましょう。

アサクリやると自分がいかにどんくさいかが分かってつらい。
まあおもしろいんだけどさ。

posted by 雉やす at 23:59| Comment(0) | ゲームプレイレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村